簡単!【肩こり解消法】肩こりのメカニズム


sponsored link

   第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link



肩こりのメカニズム

まずは肩こりのメカニズムについてご説明していきましょう。肩こりは人間が二足歩行を始めた時から悩まされてきたもので、首と肩の役割と構造が一番の原因となっています。

首から下の骨は繋がっていて、椎骨と言います。椎骨は横から見ると写真のようにS字に曲がっています。このおかげで立ったり座ったり歩いたりするためのバランスが上手く保たれています。首の部分は頸椎と言います。

頭は重たいもので成人では大体5kgほどあり、大きい人では倍の10kg近い方も居ます。
しかも首は重たい頭を支えるだけでなく、曲げたり捻ったりすることから、日頃からかなりの負担がかかっています。そのため首や肩の筋肉に疲労が溜まりやすいわけです。

さらに肩の関節も日頃から大きな負担を抱えています。左右合わせて約10kgの重さの両腕が吊り下げられていて、寝転んでいる時以外では常に支えています。

首や肩の周りには、「僧帽筋」「三角筋」「肩甲挙筋」「棘上下筋」などがあり、その中でも僧帽筋が一番肩こりに直結する筋肉です。僧帽筋は、頭の角度を保ったり腕を支えている筋肉で、常に負担がかかります。
肩が重い感じがするとき、いわゆる肩が凝った状態というのはこの僧帽筋が収縮して硬くなっていることを指します。
従ってこの筋肉をほぐすことこそ肩こり解消の第一歩と言えるでしょう。


次は肩こりの要因となるものについてです。

⇒ 原因や症状
 

sponsored link

copyright©2009  簡単!【肩こり解消法】  All Rights Reserved